· こころとからだ,BE ME,サイコソマティックセラピー

きょうは、' BE ME ' 

”わたしでいる” について。

”わたしでいる”

さて、みなさんはなにをイメージされますか?

座禅、ヒーリング、メディテーション。

最近ではマインドフルネス瞑想という方法が人気ですね。

これは、こころが直接 "わたしでいる”ための。

ヨガは、からだを動かすことで得られる”わたしでいる”ためのツールです。

まず、基本的なおはなしをさせてください。

この地球上に生まれてきたわたしたちは、重力とともに生きています。

重力のある地球では、50Kgの重さはそのまま50Kgとして体感します。

一般的に成人の頭の重さは、体重の8%だそうです。

片腕の重さは6%、両腕だと12%です。

前者の50Kgの女性なら、頭は4Kg、両腕で6Kgあります。

(参考資料 イラストで学ぶ看護人間工学

ひとが重力を味方につけられる方法があります。

それは、重力にあがなわない本来の姿勢でいることです。

下の絵が、頭蓋と背骨と骨盤だけにした時の正しいラインです。

そして、肉を付けた状態だとこうなります。

A DYNAMIC RELATION TO GRAVITY  Vol.1 by Edward W.Maupin,PH.D.

耳を通り、肩やや前方を抜けて、大転子から膝のお皿の後ろ、最後に外くるぶしの前側に降りてきます。

この姿勢が維持できたら、重力の重さをからだに感じることはありません。

頭を支えているのは、首ではなくて骨盤である。

を意識できると思います。

ストレートネックも、それから肩こりも、重力にあがなった姿勢で、重い頭や腕を首や肩甲帯で支えようとするためにおこる症状です。

Be me.

まず、こころの容れ物であるからだを本来のあるべき姿に戻せたら・・・・・。

重力と戦わないで、仲良くできたら・・・・。

その先にやってくるのは、ほんとうの自分らしさだと